休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うわあ

なんと10月が終わるやん!
下期に入って油断をしていたらあっという間に1ヶ月が済んでしまった。。。

今週は木曜が旗日で土曜出勤だ。だからウチへは帰らない。
昨夜、子供達に『週末は帰んないよ』と言ったら大層不満そうだったが、仕方がない。

月末の今日、右側の書類箱には続々と今月の集計が投げ込まれていく。
今週はこいつをやっつける週になるから下手すると3日も出なければいけないかも知れん。
不動産屋にも行きたいし、体育館にはもう1ヶ月も行っていない。
まあ充実した休日になるだろう。








関電、美浜原発の配管交換の報告書 11人死傷事故で
2005年10月31日11時16分 asahi.com

 昨年8月に11人が死傷する蒸気噴出事故を起こし、国から運転停止命令を受けた関西電力の美浜原発3号機(福井県美浜町)について、関電は31日、破裂した配管の交換作業を終えたとする報告書を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。

 今後、保安院の検査で技術基準への適合が確認されれば、法的には運転再開が可能になる。ただ、同社は福井県、美浜町と安全協定を結んでおり、運転再開には県や町の了解が必要になる。

 破裂した配管は放射能を含まない2次系配管で、肉厚はもとは10ミリあったが、事故時は最低で1ミリ以下に減っていた。このため、炭素鋼製の配管約97メートルを、減肉しにくいステンレス製に交換。19日に作業を終えた。

 保安院は昨年9月、電気事業法(技術基準適合命令)に基づく同機の運転停止命令を関電に出していた。


炭素鋼製の配管ってのは、一般構造用炭素鋼鋼管 一般構造用角形鋼管 機械構造用炭素鋼鋼管 配管用炭素鋼鋼管 圧力配管用炭素鋼鋼管 ...
製造方法も各種あって、分類するとえらい種類になる。
『炭素鋼鋼管』にはステンレス鋼管ってのも含まれる。

炭素鋼はそもそも耐腐食性よりも加工性やコストから選定されているのではないだろうか。
低圧配管に採用されたのは、設計的には大きな問題だとは思えない。
むしろ、設計条件の設定に問題があったと言えよう。

肉厚10mmの配管が、通過流体によって(高温高速の蒸気:高圧ではない)減肉するとは想定されていなかった訳である。

そこで今回、より耐腐食性の高いステンレスに変更・交換した訳だ。

だがね、ステンレスってのは加工性が炭素鋼に比べて低い。
ってか加工しにくいんじゃ。
機械加工も溶接も。

部材の機械的性質は優れていても、加工・施工に課題があるとすれば、本当に改善されたのかどうか・・・・・
設計というのはその計画通りに施工され、運用されることを前提としている。
>法的には運転再開が可能になる
っちゅうのも、設計通りにその配管が機能(耐久性)・性能・予定寿命が満たされるコトを前提にしているのだろう。

壊れない工業製品はない。
正しい操作と運用無くして安全もない。

忘れてはいけない。
原子炉が運転中に、作業者が入ったことがそもそもの問題だったことを。




スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 23:01:46|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ふう、さてと・・・・

洗濯物は干した。

する事が無い。
朝起きて湯を沸かす。
別ににょーぼが産気づいたワケではない。
(1)ポットに入れる分と(2)コーヒーを淹れる分と(3)味噌汁と(4)寝起きの一杯茶の分だから大量のお湯がお産同様に必要なのだ。

する事がねー


今日は1号、一日練習試合。及びにょーぼ当番(ポット二つの他、なんだか荷物が多いぞ)。
2号11時まで練習。

つまり午前中は家で足止めなのだ。

帰って来るんじゃなかった・・・・。

でも来週は帰らんからなあ。。


昨日の昼食は、舞茸と缶詰ホタテの炊き込みご飯(参考)よめ膳@YOMEカフェ、焼きうどん。
夕食は、かつお刺とカリカリじゃこせんべいと、だまこ鍋
今朝の朝食は、もやし味噌汁、切干大根煮物(にょーぼ作)、水菜と厚揚げ煮。
昼ごはんは2号と2人だからナニを食おうか。。。

炊事当番やなあ、完全に。。。

クルマでも掃除しようかと思ったがヤル気が起きない。
テレビもつまらんし、半眠で読書もダメだな。

今、にょーぼからショートメール。
『今日の○○はマネージャーです』
ベンチにも入らないか。そりゃそうだな、仕方ない。


<続く>




  1. 2005/10/30(日) 10:07:01|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

留守番と炊事当番

2号が帰ってきたのが11:45。
暑くなかったせいか、膝と顔(何故だ?)がドロンコになってる以外は特に問題ない。
『おふろでうがいと膝を洗っといで~』
『ほーい!』

ってんで、昼食は天津飯と餃子。
昨夜の電気鍋が片付けていなかったので、これで冷凍餃子を焼く。
天津飯はカニタマ丼だが、カニなぞあるわけが無いので、チリメンジャコでも入れようかと思ったがやめた。
キクラゲをどの程度入れるか考えていたら、妙に風呂場が静かなのに気付く。

バカが・・・・・

誰が入浴しろと言った!!

風邪引いたら大損だぞっ!

結局、12個焼いた餃子の大半を2号に食われ、大盛り天津飯は2皿共この世から消滅した。

2人でCTVを見て、ソリティアで勝負をし、飽きたので新都心のコクーンへ行く事になった。
まあ、仕方ない。
ココのところ彼を喜ばす事は無かったから、ムシキング(2回)も、レゴのトラック(\780)もオゴりと言うことにした。
イトーヨーカドーの地下で夕食の検討。
彼はマグロブツと水餃子を試食。よく食う男だ。

恐らくにょーぼも1号(ベンチ外:マネージャー)も僕が帰る寸前にしか帰って来まい。

2号は@50のサンマを要求。僕と2本を購入。
後の連中用に1パック\285のブリの切り身を買う。照り焼き風にしておけば簡単だ。
17:30。焼きサンマ定食(味噌汁なし)を1人で食べ、2号がグランツを止めたときにやっと連中が帰ってきた。
練習試合は完勝だったと。

君が出てないからじゃねーのか??







  1. 2005/10/30(日) 00:01:00|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

取れた!

先週来、ぐらぐらしていた2号の上6番がぐらんぐらん状態になったのだが、昼ごはんをガシガシ食べたらいよいよイライラ状態になった。
パンツを穿き、ストッキングを履いて、いよいよしんちゃんが呼びに来る寸前には、
痛いのとイライラで半泣き。

無理に引っ張ると血まで出てきた。
そのまま練習に行かせようと思ったが、泣きながらサッカーするワケにもいかず、
少々荒療治で取ってやった。

何回もうがいをして練習に行きますた。

虫歯でもないのに、下から永久歯が生えてきたわけでもないのに勿体無い。




  1. 2005/10/29(土) 14:01:52|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

寒いぞ

出社して床を掃いて、現場に出る。
まだ数人しか出社していないから静かで暗い。

殊更大きな声で朝の挨拶。
向こうの設備から自分の声が反射してくる。

棟毎のシャッターは近くの職場の人が開ける係なので、横の扉を押して次の棟に入る。渡り廊下になっている部分は雪囲いがある為、いつも暗い。
夏は激暑


が、隙間はある。
その隙間から吹き込んでくる風が、完全に冬のそれだ。

冷蔵庫を開けたときの冷気に似ている。



やだなー。
冬が近い。

冬は雪だ。

街中でスタックする様なスカタンでは無い自信はあるものの、先日のショックから立ち直ってはいない。




消火栓
積雪はなあ・・・・・


冷や麦も冷やし中華も今月からそれぞれうどんとラーメンに変わった。
でももっと熱くして欲しいぞ。




  1. 2005/10/28(金) 13:14:29|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

後手

後攻というのは作戦の立て様がある。
将棋や碁の"後手"というのは後攻の事である。
攻め続けていなければいけない状況で後手に廻ってしまうのは、簡単に言えば負けである。
『後手、後手に廻る』状況は負けが込んでる状態だ。

8:30から対策会議。
ホワイトボードに書かれた多数の直線を全員が凝視し、意識と態度が凝固したまま沈黙する。

昼前には不具合の対策会議。
同上。

午後から生産中止製品の対策会議。
同上。

追われ始めると、転がる石のように止まらない。
いくらもない対策のタマも使い果たし、時間ばかりが過ぎる。
こういう状態を"ジリ貧"状態というのではないか?
挽回は容易ではない。

今迄何をやってたんや?と、言っても仕様がないないコトが全員の脳裏を支配する。



暗いぞ!俺!





いたたまれずにょーぼにフザけたメールを入れる。

即返信が来た。

食卓の写真。
今夜は鱈のフライだそうだ。うまそう。。。。
1号はとろろ丼だそうだ。
すっかりとろろフリークになったなあ。
子供にとって青臭いだろうオロシ山芋をリクエストするなぞなかなかである。
膝の調子は戻ったのかな。
2号の様子はワカランが、来週帰れないから明日は仕事を投げ打って帰ろう。



もっと発言力が欲しいぜ。。。。。。






  1. 2005/10/27(木) 22:07:07|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

めずらしいな

セのチャンピオンが10失点連続3回の結局4連敗。
当事者はこれから必死で原因を分析して対策を打たねばならん。

現地にいた阪神ファンが暴動を起こすんじゃないかと密かに期待したが、あまりの落胆で甲子園は沈みきっていた様だ。
何故?なぜ?
前の3戦に比べて今日の試合はスリリングだった(様な気がする)。
今日みたいな試合を4回やっていたらどんな雰囲気だったろうか。

村上ファンドに負けただの、2週間のブランクが大きな要因だの言ってる向きもあるが、バレンタイン監督の笑顔を見れば勢いの違いは歴然だ。
日本一を目指すモチベーションに持っていけなかった阪神が弱かったということ。


ま、お客さんが勝ったからイイけどね(阪神は子会社だし)。

そうそう、以前ロッテの狭山工場の前を通った時、子供達に『この工場では何を作っているでしょーか』とクイズを出した。

いろんなことを言いますよ、メーカ違いの商品名まで。。。。。。


おいおい、工場の屋根に商品名のガムとビスケットの看板が出とるやないか!
コアラのマーチも雪見大福も浦和やろ?

あ、しまった!千葉ロッテマリーンズも子会社やん・・・・





  1. 2005/10/27(木) 06:34:26|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ああ、まっじいなー

またも追われるモードに入っちゃった。
追いついて抜いたと思って先回りしてやろうとしていて、気付いたらまた追われている。

キリが無いのはわかってるからタメイキついていても、出来ない理由を並べるのも無意味だから黙ってるけど、ちょっと悔しいではないか。

周回遅れをパスするテクニックの問題ではない。
見えない敵を追いかける様なものだ。

見えない敵。



目標ってやつ。




午前中の目標、午後の目標、一日の目標、明日の目標、今週の目標、今月の目標、来月の目標、今期の目標、今年の目標、来期の目標、来年の目標、中期計画、etc.・・・・・・

追われちゃうと
さっきまでの目標、午前の目標、昨日の目標、一昨日の目標、先週の目標、先月の目標が追加になる。

相手を引きずりまわし、先回りの方策を一瞬で判断し、

追われてもただ追いかけるのではなく、追い掛け回す。
追っても追っても追い抜けないのなら、追い掛け回す。

追いかけ倒す。

先回りが仕事の基本だ。




  1. 2005/10/26(水) 06:11:12|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

必殺脱出ツール

定時に会社の"営繕"へ行って入手。
昼休みにお願いをしておいたのだ。
『裏に出しておくてー』

このおばちゃん、実はにょーぼの伯母にあたる。当社にはパート勤務で来ているが、実に働き者なのだ。

技術的には次の結果が予想された。
1.一発解決。案外雪が降るまで性能維持。
2.まるで話にならん!一発でダメ。
3.ちょっとは役に立つが結局途中で断念。
つまり、まるで予想が立たなかった。
要するに根性の問題である。



日曜の夜、帰って来て玄関前でフロントガラスを洗い、バックで裏へクルマを入れる。
この駐車場、只の空き地である。
いや、"只の"以下の最低の場所である。

草むら。水はけ最悪。
恐らく新潟中越地方でももっとも駐車場に向かない土地だといえよう。

バックで進入し、ハンドルを戻す為にホンの30cm前進した時に滑った。
おや?と思い、30cmバックし更に前進。また滑った。
これを10回やると、結果的に3m後退することになり、事態は150mは後退した。

積雪、圧雪、凍結。僕はこれらの路面に強い方だ。年季が違う。
しかし、この地面では雪関係のテクニックが通用しなかった



そして、
必殺スタック脱出ツール!

期待を込めて自分で舗装した轍に折畳んで差し込む。
ジワリとスタート。
ジワリが少々強かったのか、1m進んで後ろへぶっ飛ばす。
10cm戻して再度差し込む。
ジジワリと更に慎重に前進。

じわじわじわじわと進む。そのまま玄関前まで一気に出てしまう。
ホイルまで泥んこである。





必殺スタック脱出ツール!

薦!

これを会社から寮までの間、手動で運んでいるのを一般社会に晒して良いのかが最大の問題であろう。

人が見れば建材ととられかねない。
建材と見られれば人格さえ誤解されてしまう。

なにせ、この菰。1間×2間四方を2枚。
くるくる巻いて中央を紐で括ってあるのだ。
このデザインを見て床と掛け布団に見られるかも知れないと思うのは考え過ぎだろうか。

決して肩に担ぐようなことはせず、足早で徒歩500mを急いだことは言うまでも無い。




脱出後
脱出後の沼







  1. 2005/10/25(火) 00:00:00|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

暗い

朝礼前に工場長がぽつりと一言。

『今年は暗いな』

去年の今日、浦和は快晴。長岡も晴れだったのだろう。
コトの次第が段々見えてきて、前夜23:00以来、始めて電話が掛かったのが9:30頃のことだ。

そのとき僕は必死で長岡からの出張者2名の行方を追っていた。
こっち側でも携帯は繋がりにくい上、出張者はそれぞれ土曜の内に作業を終えて、1人は浦和、1人は長岡へ向かう予定だった。
しかし駅などで地震の事は分かっただろうし、週末という事もあって行動をマークしていなかった。月曜の朝に次の作業に掛かれればよいこともあって、2人共長岡へ向かったかも知れなかった。


電話が掛からないということがこれほど怖いとは思わなかった。


子供の試合中も携帯を胸ポケットに入れて、いつ電話が掛かってきても良い様にしていたが、結局1本も掛かって来なかった。


明るい秋の陽射しは暖かく、3日後中越地方に降った雨の冷たさを予想する事も出来なかった。


今日の中越地方は曇り。
先週から朝晩かなり冷える様になってきた。

壊れた家から追い出された人々の寒さは・・・・・・

そして、今年も冬がやってくる。





  1. 2005/10/24(月) 12:38:33|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。