休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そこはかとなくピンチ。。。

ソコハカトナク・・・・。。←正確な意味不明。ちょっと辞書繰ろ。

ふう。
早く上がって来たのに。。。。

今日の晩ごはんはカレーライスだから金曜日だから止めたのだった。
冷凍庫の『大阪名物「いか焼」(2枚入り)』と1束だけ中途半端に残った『味のマルタイ「九州味」棒ラーメン』を消費せねばならんかったのだ。

そしてこの偏った食事を摂取する為に、既にジンリッキー2杯目。



そうだ、早く上がって部屋の片付けをしようと思っていたのだ。

実は片付けが思いの外進んでいない。
いや、実はまるで進んでいない。
そんな飾った表現はウソをついているのと同じだ。

実は全く手も付けていないっ!



何故こんなことになったのかっ!

そ、それは・・・

んと、

えと、

単にめんどくさいからじゃあ~~~~


大体なあっ!
引越しなんかなあっ!

一気に、気合で、本気出して、しゅーちゅーして怒涛の様に終わらすもんじゃあっ!



うああああああんっ!!!!
あの何もかも入れている押入れ・・・・・・ィ付けたろかっ!


このままじゃエライコトになるぞ。

そうだっ!

もう寝ようっ!

そうだっ!

明日早起きしてやるぞっ!

よおぉぉぉおおおしつ!




z zzz zzzzzz zzzzzz zzzzzzz zz zz zzzz zzz zzzzzz zz zzz



あ、日曜の晩からネットに繋がらんのだなあ。
ううう。息がつまりそうだ。



スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 21:18:49|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

3月病

高校の時も大学の時も会社に入ってからも5月病になったことは無い。
そんなヒマあるかいっ!
しかし、ここ数年3月病に陥っていることに気付いた。
仕事や生活はどうにかこなしてるけど精神的低空飛行状態だ。
海面スレスレを飛沫被りながらへろへろ飛んでる感じ。
去年の今頃も実はそんな感じだった。
そりゃそうだ、自分のせいではなかったからな。

奇しくも去年の今日。
日本代表は対バーレーン戦だった。
オウンゴールでやっと勝った。

そして今日。
鬱々とした週の後半で、日本代表はブラジルに勝ったエクアドルと戦って1-0でなんとか勝った。
まあ後半からしか見てないが、足が止まったエクアドルに"もうちょい!"と叫びたくなる展開だった。
玉田と久保が決められなかったのは残念だが、三都主のクロスをゴール前で待ちかまえていた途中出場の佐藤がゴールに流し込んで決勝点を決めた。

今の気分に丁度良いシュートだったぞ。

さあ、明日は金曜。
工場長は別席に引越しだ。ちょっとだけ寂しい。
そして今期最後の創業(営業)日である。
毎年毎年この日は脱力感か大騒ぎで終わる。
明日は脱力感で終わってはいけないのだがな。

実は多忙にかまけて退寮届も出してないし、コーヒーメーカーの中にはまだフィルタに豆が入ったままだ。
そこの文庫本とCD&DVDの山は、年末掃除前より散らかっている。
明日帰ったら片づけを始めなければならないな。
下駄箱の「日経ものづくり」と「週刊文春」(昨年夏頃迄の)が埃っぽいぞ。




延命措置を中止した市民病院に、件の外科部長を概ね擁護する意見が寄せられているらしい。
そして、富山県警は患者の家族からも任意で事情聴取を進めていると。
ダブルレイプと同じ図式になりつつある。僕が懸念していた通りだ。

議論は必要である。

政府与党も「尊厳死とホスピスを推進する与党議員懇話会」において、末期癌などで治る見込みのない病気の患者が自らの意思で過剰な延命治療を中止する「尊厳死」 を認める法案を議員立法で提出する方針で検討している。。


しかし結論を性急に求めてはならない。
人間は所詮、人間を裁く事など出来ないし法律などで縛ることなど出来っこないのだ。





  1. 2006/03/30(木) 23:20:31|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

考察と実態  <追記あり>

実体験に基づく考察と客観的な考察では一般に乖離が存在する。
昨夜ふと新聞記事を読んで『一体どないなってんねん?』と思い、事件の本質を自分なりに理解しようと整理していた。
それを深い逡巡に到達する前に日記に書いた事は若干失敗であったと思っている。
頂いたメッセージには、それぞれ辛い記憶を持った人々の想いが有った為だ。
僕はどちらかといえば、この事件を自分に当てはめて考察していた訳ではないことをここに明記しておく。


今日の新聞には、件の外科部長が権威と権力を持った実力者であったことを窺わさせる記事があった。
僕にとっては昨夜の段階での報道が事象を理解する思考の組み立てがし易かったのだが遺族のコメントも混じって自分の意見を纏めるには余りにも情報が煩雑に過ぎる。

勿論、報道に対する模糊としたまどろっこしい曖昧さにはうんざりしている。
報道の表現を信用出来ないのだ。

一体何が起こったのか。
それが心底知りたいのである。



外科部長の行為と見解について報道されている範囲で一定の理解が出来ると思っているのだが、既に『自分は間違っていた』と供述している点でリスペクトする事は出来ない。
院長については今のところ被害者然とした態度に見える。
また、これらの出来事を把握していないとの発言もある。
今のところ外科部長に僕は若干の共感を覚えたことは事実である。

医療技術の限界を法律が補う為に尊厳死や脳死の定義が議論されている。
強行に反対・反論する人もあれば、積極的に推進する向きもある。
大いに議論すべきである。
人類が続く限りいつまでも議論は続くだろう。



現段階での僕なりの結論はひとつある。
自分の臨死もお葬式も法要も全て残された遺族のものだということだ。

葬儀の祭壇を見ればよく分る。
棺の手前に、こちらに向けて花が飾られるではないか。



<追記>
みんなごめんね。
悲しいことを思い出させるコメントを頂いちゃって。
今、ウチで一人で居ることが多いので考え込んじゃったんだよー。

だがしかしっ!
俺は死なんっ。そうでしょ?そうなるでしょ?



  1. 2006/03/29(水) 23:26:26|
  2. まいおぴにおん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

腹立つ~ <残業突入中>

吹雪いてるやんけ。。。。。


ええかげんにせいっ!
折角ほとんど消えたのに・・・・



早よ帰ろ。

かちょーも会議室でいつまでも仕事しとらんで、早よ帰りぃ。。







  1. 2006/03/29(水) 18:24:09|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『自分は間違っていた』

だからといってどうなるというのか。
人は死ぬ。生きているからだ。
死に方に意味を見出すのは人間特有のことでは無いと思うのだが、人と人の間では必ず"意味"が付いてまわる。

人が人を殺してはいけない。それは人だからだと言う以外に理由は無い。

死に行く人を見送る事は意外に多い。一方、見逃すことはどうだろう。
そして、延命とは一体何の為なのだろうか。

回復の見込みの無い人の命を保つ処置に意味を見出すことの危うさを考えずにいられない。一旦手をつけた延命措置に一体どんな意味があったのか。



「延命措置の中止であり、手続きに不備がある」などと医療倫理上問題があると院長は主張したらしい。
それに対して、外科部長は「尊厳死であり、信念を持ってやった」と主張したという。

完全な論理のすれ違い。傲慢な何かを感じる。


延命措置など自然の前では無意味である。
医療の進歩が作り出した"希望"も、実はパンドラが開けてしまったから最後に飛び出した"希望"と何一つ変わらない。
ありとあらゆる災いの中に一つだけ、この世に飛び出してしまった"希望"。


この"希望"が人々を惑わせている。

延命措置とは、患者の生命を維持する機能の不可逆的停止を防止し、人間が作り出した"死"の定義の領域に到達することを阻止することだ。

自身が「死んだ方がマシ」と思うほどの苦しみにあったのか、自身が一体どういう状況に置かれているのかわからない状態だったのか。
本人は自分で判断出来ない状況だったはずである。
そして一縷の望みを持って親族や医師達は治療を施し、それを維持し、努力を惜しまなかったのだと思う。



そして、その効果が回復という成果に繋がらないことを認識した時に、どうすれば良いのか。



外科部長は『間違っていた』と供述したという。

本当にそうなのか。
それは真理なのか。





  1. 2006/03/28(火) 00:00:00|
  2. まいおぴにおん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

モロに来た


本日、通常に起床、通常に出社、通常に勤務、通常に残業、通常に帰宅。

だ・が・し・か・し・っ



目が死んだ。


擦りすぎ、目薬漬けで、まっかっか~


鼻は呼吸器官の機能を失っている。

ふうう。




夜、1号と電話で話す。
ヒマなので長岡へ遊びに来たいと。
うーん、引越しが終わってりゃあいいのだが残念。
ウイークデーは仕事だしな。
ま、入学式が終わったら1ヶ月位部活も無いからそれから来りゃあいい。
バッティングセンター行こ。






  1. 2006/03/27(月) 00:00:00|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

成果

1.タイヤ交換。

あのスタッドレスはもうダメだな。。。トレッドの中央に溝がねえもんな。
ちなみに所要時間35分。
古タイヤを物置に片付けていたら、油圧のガレージジャッキを見つけた。
ちくそー、コレ使えばもっと時間短縮出来たのに。。


2.部屋掃除

やる気しねえ。。今度の週末に引越しだから。
一応、BEEFEATER2本、GILBEY'S(緑)3本の空ビンと、CANADA DRY の Club Soda の空ペットボトル15本は分別して便所の前に置いた。
積み上げてあるCD&DVDと、文庫本をどうしよう。一旦ダンボール箱なんかに入れたら後が大変だなー。

3.不動産屋

この時期は出入りが多いので、もう2ヶ月休みなしだとか。
終わってから出掛けて行く専務(奥さん)を無視して社長と世間話。

4.上州屋

長年やってるが、本当に旨いのか誰も知らないから挑戦しておこうと。
大盛り\550。まあアッサリした長岡特有のラーメンである。
出来ればホウレンソウのおひたしが5・6本乗ってるとイロドリが良いのにな。
安いのでまた行こう。ご近所になるのだ。

5.真電ラオックス

懸案のインターネット。
要領を得ない店員が、地名から"光"が来ているのか調べるのにてこずる。
こういう買い物が一番ムカつく。結局ダメだった。
今さっき賃貸の契約してきたつーてるのに電話番号を3回も聞いてくる。
お前、俺の話を聞いてんのかっ!
ウチの事情を言って、一番月々の支払いが得なのが、YAHOO! BB ADSLであるとのコト。
しかも、恐らく開通まで1ヶ月は掛かるらしい。

洗濯機を新品購入(展示現品限りの特価品)。
風乾燥機能付が欲しかったのだ。具合が良いなら浦和もコレにしよう。
若い女性店員さんが店内を走りまくって簡易梱包して駐車場まで運んでくれた。
クルマに積む時に手伝おうとさえしてくれたが制止。
降ろして部屋に運ぶ時は僕一人だからだ。
なかなかの美人であった。

6.スーパーセンタームサシ(ホームセンター)

不動産屋が聞いてくれた寸法のカーテンを迷い無く購入。
寸足らずだったり余ったりしたら買い取らせたる~。
おばちゃん店員が『こちらの方は部屋が明るく見えますよー』という遮蔽用のにする。たまには僕も素直に店員の意見も聞くのだ。

8畳のカーペット。
フローリングに敷くカーペットはちょっと厚いのである。
畳用のカーペットの倍の値段だ。これも素直に店員の意見を聞く。
うっかり派手なアクションをして、部屋中をぐちゃぐちゃに攪拌することを避けねばならん。

その他、トイレットーペーパー、トイレ掃除ブラシ、風呂たわしを購入して新居に移動。

7.新居(名称をまだ覚えていない・・・・ぷぷぷ)

取り敢えずカーテンとカーペットを設置。
洗濯機を設置。排水ホースの取り回しで苦慮する。
便所扉開時に干渉するのだ。そして給水蛇口と上蓋の干渉。
一体誰がこんなトコに水道を付ける設計したんじゃっ!


そして、ビデオで"95プリンセストラスト"のボブ・ディランを見ながらジン・リッキーを飲んでいる。

昨夜飲み過ぎたが昨夜のことは昨夜に完結している。だからイイのだ。

さ、今日は早く寝よ。






  1. 2006/03/26(日) 20:38:58|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

送別会

朝から爆発花粉を浴びてノックダウン食らった奴が続出する中、昨日と同様に事務所現場事務所現場会議室現場事務所事務所現場と走り回る。
今日も症状が妙に軽く、午前中のくしゃみは約200回、鼻をかんだのが25回、目薬は4回、うがいは5回(内モンダミン2回)。

通常出勤日だが(多分火曜日が祭日で休日調整日だったのだろう)、電話が掛かって来ない為、全く自分のペースで作業が出来る。
おっかしーなーと思ったのが10:30。
某営業のケイタイに掛けたが出なかったので返信依頼メッセージを入れる。
本社が誰も電話に出ない。代表に掛けると留守電に繋がる。

もしやと会社カレンダーを見たら、当事業所だけが出勤日だった・・・・・。
うっうっうっ。。おうちに帰りたかったよぉ。

OH部長から『下期の分、よろしく』と「目標管理H17」を渡される。
上長評価の記入欄を読むと上期の評価が分った。
まあ、予想通り。
もっと褒めんかい!とも思ったが、この部署では仕方が無いのかも知れない。成果が明確ではないからだ。
当然、評価ポイントも見事に平凡。
これを何期も何期も見ていたら、モチベーションを維持出来ないのは当然だろう。
Stサンの飄々とした仕事っぷり、H君の時折醒めた態度。わからんでもない。
但し、妖怪の様な"生き字引"Fサンは一味違うけどな。
7日迄に下期の自己評価と自分の点数を書かねばならん。
思い切り書いたろ。。。。


定時で上がろうと思ったのだが、結局18:00まで残業。
どうせ帰ったって風呂は混んでるだろうし、送別会の集合時間は18:30なのだ。

いつもの居酒屋に集まったのが8人(出張者が4人、帰省が1人、行方不明が1人)。

挨拶。
今日は浦和レッズの対マリノス戦勝利、及び大宮アルディージャ対エスパルス戦勝利の為にお集まりくださいましてありがとうございます。
惜しむらくはアルビレックスが連敗してもたコトであります。

普段断ってるビールをシコタマ飲んだ。飲んだ飲んだ。生中8杯!
いやー、二日酔いで昼迄で寝てたらユリノーム&アロリンの摂取を忘れて発作がでてまうど。

僕が独身寮を出る事で、『次は誰だ?』という話になる。
Tb、Sz、Mm。お前らもじきに追い出されっどー。
早よ彼女作らんといかんのお。
仕事は出来るんやし、割とオトコマエなんやからな。
U君はあと1年で上海へ帰る(赴任ということになるのか?)けど、1年後の日中関係を考えたら、妻子とお母さんを日本に呼んだ方がええんとちゃうか?
Td、Tg、Yyっ! 食うてばっかりおらんと、お前らもっと飲まんかいっ!



しかしえらい健康的な顔した美人やないか。
あれが"10年間監禁されていた"人間か?
おかしいやないか。
近所付き合いの希薄さが発見を遅らせたぁ?
本人もウチへ帰りたくなかったんやろー?
家族も本気で探してなかったんやろー?
自宅から数キロしか離れてなかったって話やん。
柏崎で小学生が成人するまで監禁されてた事件があったが、あれは悲惨だった。
しかしこっちの事件の真相は案外大したコトじゃないかもな。

国際ニュースっちゅうのは中途半端でいややなあ。





  1. 2006/03/25(土) 00:00:00|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

追伸




皆さま、1号の卒業につきまして、暖かいお言葉を頂きましてありがとうございます。


段々僕も実感湧いてきました。
親子共々今後とも頑張りまっさー。







なるべく。




  1. 2006/03/24(金) 22:35:30|
  2. カテゴリ未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

なんか変だな

昨夜までまとまった雨が続いていた。
そして今朝は出勤直後から快晴になった。

こういう日は当然アレが飛びまくるのだ。
アレが飛ぶと大抵体が劇的に反応して大変な目に遭うのだが、どうも中途半端な反応しかしない。

勿論、好調で爽快かというと全くそうではなく、どんよりとした不快感がふわふわ体の廻りを回っている。


朝も早い時間から営業T君の尻拭いで駆けずり回る。
10:00に会議を招集してるから、それまでに用事を終わらせねばならん。
11:00きっかりに会議を終わらせて、朝のルーチンワークをさばいていたらT君登場。焦ってるもんで挨拶も礼も無く去っていった。事故らなきゃいいけどな。

そんなこんなで事務所と現場と会議室と事務所と便所と喫煙所と現場をバタバタ走りまくっていたのだが、不思議とアレの反応が穏やかである。
午前中ハナをかんだのがたったの12回。目薬さしたのが4回。
喉が若干イガイガするのに伴って、声が少々変ではある。

そういえば年々劇的な反応が和らいでいる気がするぞ。
去年も死に掛けたのは4日位だったからな。
あ、でもまだ3月だった。


火曜日が祭日だったから明日は出勤日だ。
ま、四連休やったからあと2~3日仕事しても大丈夫だけど。
明日の夕方は送別会。
日曜日はアパートの契約書を渡して金払って鍵をもらい、カーテンの寸法を測って買いに行く。
インターネットの工事申し込みにも行かねばならんな。

さ、寝よ。
なんだか疲れたよ。




  1. 2006/03/24(金) 22:30:40|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。