休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古木

一回休み・・・と言いたくなるほど多忙で多忙で。
つか、朝から一日何やってたんだろ。
昨日のことも思い出せん状態なので日記は一日お休み。

をい

とうとう工事が始まった様だ。
古木、巨木というのは恐ろしい。
市の担当者、工事業者は無事だろうか。
これまで伐採を計画するごとに不審死が起きていたと言う伝説がある。
第二産業道路、山崎の道の真ん中のケヤキも同様。
異口同音である。
「邪魔だけど切れねえんだよ」


初めて浦和に来た時、北浦和側から右折しようとして手前に入りそうになってにっちもさっちも行かなくなった恨みは一生忘れん。
スクランブル交差点になる以前のコトで、信号変わっちまってとんでもない大渋滞を引き起こしてしまった。。


確かに最近は葉の勢いも弱っていたが。
倒れる心配があるほどだったのだな。
浦和はケヤキの街である。
そして古い街には有名な巨木も多い
近所の巨木
この交差点の大けやきを惜しむ人は多いだろう。
ニュースでとうとうあの木が無くなった画像を見た。

やっぱ惜しかったな。





2010年5月10日(月)

与野の大ケヤキ、伐採へ 倒木の恐れでさいたま市

 さいたま市浦和区、JR京浜東北線与野駅東口の大ケヤキが伐採されることが9日までに決まった。樹齢300年とも伝えられ地域住民に長く親しまれてきた大ケヤキだが、さいたま市は倒木の危険があると判断、近隣住民との話し合いを経て伐採を決めた。市や住民は、大ケヤキの苗木を地域に植樹し子孫を残す取り組みを進めている。

 大ケヤキは駅前通り(通称西高通り)と旧中山道が交わるスクランブル交差点に立つ幹周り6メートルを超す大木。その歴史は与野駅開設よりはるかに古く、江戸時代は富士山や浅間山など関東六国の山々が見渡せる「六国見」の立場茶屋がそばにあり、中山道を行く旅人が休む目印になっていたという。一里塚の置かれた浦和橋と大宮氷川神社参道入り口の中間点(半里塚)でもあった。

 かつてあった稲荷神社の参道入り口のご神木としても村人に大切にされたといわれ、また江戸中期の新田開発以前は一帯が原っぱだったため「大原の大ケヤキ」という愛称が今も地元に伝えられている。1960年代半ば、台風で枝が折れ、一時伐採が検討されたが地元住民の要望で保存。その後、西高通り拡幅工事の際にもこの大ケヤキだけは道路に取り囲まれる形で残された。

 しかし、近年は木の勢いが衰え、倒壊を防止するため両側からワイヤで引っ張り支えている状態だった。同市が2008年度に行った樹木診断によると、地上20センチの幹断面の約50%が腐っていた。

 市は「鎌倉市鶴岡八幡宮の大イチョウが倒れた例もあり、近年の異常気象では突風が吹くのは日常的で大ケヤキもいつ倒れるか分からない。住民から安心して眠れないという声も上がっていた。老木をこのまま保全することは厳しいと判断した」と説明。また、大ケヤキの種から育てた苗木の植樹を与野駅西口駅前ロータリーや近隣の小中学校で進めており、「住民に愛された大ケヤキの子孫は地域の中に根付いていく」(同市道路環境課)としている。伐採は、幹線道路ということもあり19日の夜間に行われる予定。

 住民説明会では「私はお嫁に行ったが、このケヤキを見ると実家に帰った気がするんです」と涙した主婦もいたという。また、交差点の大ケヤキの向かい側で3代約100年にわたって自転車店を兄と営んでいる近藤秀雄さん(59)は「生まれる前からあった木がなくなっちゃうのは寂しい。よく木の裏の原っぱで遊んだものでした。でも腐ってしまったのなら仕方がないです」と語った。また、浦和西高OBの元教員(60)は「生徒として通学していた1960年代は西高通りがまだ駅まで貫通しておらず、大ケヤキの横のくねくね曲がった細い道を通って駅に出ていた。そのころは天を覆うほど枝が茂っていた」と懐かしむ。

 地域の自治会長らが集まり1年以上話し合ってきた「ケヤキ対策委員会」委員長で、上木崎1丁目元自治会長の田中博さん(76)は「高齢の人ほど思い出深く、がっくりくる。でも、いつ倒れるかと心配で台風のたびに見に来ていた。生あるものはいつか次の世代に命を移していくのは仕方がないことだと思う。誰かが決断しなければならなかった」と、住民のさまざまな意見を踏まえて語った。

 大ケヤキは消防車など緊急車両の交通の障害になってきたという指摘がある一方、「狭くてゆっくり曲がっていた大型車の障害がなくなり、逆に事故が増えるのでは」という声もある。市は「跡地の整備は駅前再開発、都市計画街路の整備と合わせて検討する」としている。

http://www.saitama-np.co.jp/news05/10/02.html




あ

い

う

え

お

か








  1. 2010/05/19(水) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:2
<<ほよよ | ホーム | 朝メシ>>

コメント

知らなかったので

切られていてびっくりしました。

御神木で、切ると祟りがあるから(山崎もですが)あの木は切られないと思ってました。
やはり、今まで切ろうとすると何かあったのですね。

今回、切る前に「種を集めています」という張り紙がしてましたね。

  1. 2010/05/25(火) 09:29:34 |
  2. URL |
  3. さくら #bBmFigmc
  4. [ 編集]

さくらさん

はじめまして。・・ですよね?
記事にある様に、以前から倒れる心配と残したい心情で長い間問題になっていました。
先週帰った時に、何も無くなってトタンが掛けてあった景色はいかにも寂しく、慣れるのに時間が掛りそうであります。
いっそあの交差点手前の島も撤去してしまえば交通の利便が上がるのに。
まあいずれはそういう工事もされるのでしょうが。
  1. 2010/05/26(水) 07:39:35 |
  2. URL |
  3. 誰やねんっ20号! #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。