休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あかん

早起きしたら睡眠不足で頭ガンガン、目がクラクラを予想していたのだが、遊びに行く日ってすごいねぇ。
スッキリってワケじゃないけど布団から出て即アクセル全開。
2回お湯沸かしてお茶とお湯をそれぞれ水筒に入れる。
道具とカップラーメンを玄関に並べ、クーラーボックスに冷凍庫の氷を。
大根の味噌汁と納豆と目玉焼きの朝めし。
ブラ三の畑増設と討伐。タオルとトレーナ。
クルマの5リッターポリタンに水。
それで出発が7時過ぎ。大したもんだ。
しかしおにぎり作るのを見過ごしたのと、やかんを積むのを忘れた。


だからお昼ごはんは抜き!あほらしー。
やっぱりおにぎり作ってくれば良かったと思ったのは座生橋のセブンイレブンの前を通った時だ。
買おうかなとも思ったが、炊飯器にごはんがいっぱいあるのに外でおにぎりを買うのはもったいないと思うのはお母ん譲りの感覚だね。
食うことばっか考えながら走っていたらふと、クルマにコッヘルが無いという疑念が生じた。
アパート常備のヤカンはでかいからコッヘルでいいやと妥協したのが悪かった。
コッヘルは何時の頃からかシンク下に押し込んであったのだった。

昼は寺泊の魚のデパートへ行ってイカの浜焼き食ったのみ。
それからメタルジグとエギをそれぞれ準備してテトラの所で振ってみる。
しかしこの爽やかな秋風が曲者で、僕の腕では真っ直ぐ飛ばんのだ。ちくしょー。
結局根掛りやってメタルジグを2個不法投棄してしまった。
やっぱ細い1号の糸はダメだな。
駐車場でキンクしたラインを修理。普通はこんなことしないんだろうけど。
うーん、いい天気だの。
すっかり日焼けしてしまったではないか。
あまりの空腹に14時半頃おしまいにする。カップラーメン食えてたら暗くなるまでサビキやってたかもね。

帰ってサヨリを天ぷらにしようと思ったら今度は揚げ油が無い。
炒め油がいっぱいあるはずだと思っていたのに。
結局塩焼き。これはあまり旨くないんだよな。
メジナは頭とワタ出して鍋に投入。味噌仕立てにする。
カワハギは刺身にするには小さ過ぎなのでやっぱり鍋に投入。
ワイルドな磯の風味丸出し鍋になった。
ジンリッキー3杯でダウン。

疲れた。でもやっぱ海はいい。


寺泊まで40分。
まずはいつもの「釣り具のトミー」。
アオリイカ用のエギによるポイントを聞くと「みんなその辺でやってますよ」と。
要するにどこでやっても釣れる時は釣れるし、大体釣れんということだろう。
新品リールに折角1号の糸巻いたんで鯵用のメタルジグも試すのである。
取り敢えず半解凍赤オキアミとサビキ仕掛けを購入。
午前中はこっちで実績上げといて、エサが無くなったらエギとジグに転向する予定。

今日はホテル日本海の裏に行く。
・・・混雑。
準備して8時スタート。
どうも今日はサヨリの様だ。サヨリは岸辺から10m位の水面にいる様子。
手前はフグと(後で聞いた)メジナの子。鯵はおらんかな。
ともかく買って来た仕掛けを段取りしてカゴにオキアミを詰めて放り込む。
ここの深さはまだ分からんからウキ無しで。早速メジナが掛る。
食欲がわかない真っ黒のお姿。
両隣のじーさん達はベテランの風情だがみんな地元の仲間なのだろう、釣れない釣れないと愚痴っている。
ベテランというのは経験豊富な実力者とは限らんという好例である。
見えてる魚を釣るのは難しいが、ソコにサカナはいるじゃねえか、工夫の無いオヤジ達だな。
向うの兄ちゃんなんかバンバンとサヨリを上げてるぜ。

1時間でメジナ20匹(5cm程度は放流。残10)、サヨリ15匹(小さいのは放流。残3)、フグ10匹(即お帰り頂く)、名前知らない黄色縞の(知らんから放流)。
海には鯵はいないんだね。魚屋魚屋。
10時になるとぱったり当らなくなった。
ふう。
サヨリを3本ばかり上げたオヤジ達が引き上げる。昼にそれを天ぷらにしてビール飲むんだそうだ。
僕はウキを付けたり、仕掛けの重りを小さなウキに変えたり、やっぱりウキ取って引いたりしながらサヨリの大き目を狙うがタナが合わなくて以後全くダメ。
人はどうやってるんかねえ。あのサヨリしか釣ってない兄ちゃんの仕掛けと見た目変わらんのだけどなあ。
その辺が沈める時と煽るテクニックかな。

もうエサが少なくなったので手前の底を探る。
チヌの子かカワハギかヒラメの子を狙うが、これらも魚屋にしかいないのかなと思い始めたところで本カワハギ。
逃がした魚は大きい。15cmはあったぞ。豆アジ用の針なんで硬いカワハギの口に充分掛らんかったのだ。
手に触れたのにな。
その間約5秒。帰って刺身にすることをイメージまでしてたのにお帰りになられた。
その後は1匹ゲット(約10cm・・くそー)、1匹同型をまた落としたし。
底魚はサビキカゴから直接エサを食いまくる様で、オキアミは完売した。

さて、11時半。
オヤジ達がいたところに新潟ナンバーの(訛りさえ無ければオトコマエ)なおっさん2人、見事な道具を披露しつつ準備しながらの会話に僕は後片付けしながら加わる。
彼らは日なたぼっこに来ただけで今日は釣果は期待していないのだと。
でも釣れんよか釣れる方がいいべ?エサだって買って来てるんだし、使えば仕掛けも消費するしさ。


やかんがない



食う為に釣る




  1. 2010/09/26(日) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:2
<<月曜のげ | ホーム | 何がなんやら>>

コメント

コメントおおきに♪

覗きに来たら、やはりこんなことだv-40

釣りは難しいよね。。。
同じような仕掛けでやってる筈なのにお隣さんと大きな差が開いたり、
とっても歯が立たなかったり。。。

ぷぷぷ
楽しんでねv-221
  1. 2010/09/30(木) 22:54:26 |
  2. URL |
  3. たーちゃん #-
  4. [ 編集]

たーちゃん♪

取り敢えず晩飯の足しになったから良かったけど。。。
僕はスポーツフィッシングじゃなくて完全に食材調達行動。
釣れたら楽しいけど釣れなかったらミジメ。。
帰りに魚屋行くなんて波平さんじゃあるまいし!

ぷぷ。。

サボテンの針が左手の薬指に5本刺さって3本抜いた。
残り2本が小さ過ぎて抜けん。
→2・3・4弦のセーハが薬指なんだよなー、僕。。。
  1. 2010/10/04(月) 09:27:12 |
  2. URL |
  3. 誰やねんっ20号! #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。