休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それで

子供のことなんかかまってらんないのだ。
寝坊コイたって7時には起きて8時には朝ごはん食べて。
ともかく今日は上野へ行くのだ。そうだ、寄席だ。
鈴本演芸場がいいのだ。
浅草演芸場は狭いし勝手は分からんし、末広亭は遠いし激混みが分かっているので最初から諦めてと。
にょーぼとぽこぽこ与野駅まで歩いて電車に乗り、浦和で乗り換えて上野へ行き。。。
アトレを通って鈴本演芸場へ。まだ10時過ぎなのだ。
入場券は11時半頃から発売なのですることがない。
不忍池を一周し、マクドナルドに入ってコーヒーを飲み、その間ずーっと他愛も無い話をする。
この数年、にょーぼとは全く他愛も無い話をぼそぼそするか、メシ食ってるしかない気がする。
TSUTAYAで立ち読みしてから再度鈴本演芸場へ行ったらおっさんおばはんが数人並んでいた。
そこで気付いた。今日は自由席なのだ。
ということは、席を確保してから昼メシ食いに行くことは出来ん。
にょーぼを列に残して昼食を調達に行く。
折角弁当でも食べて寄席見るんだから何か旨いもんでも。。。と駅弁でも買おうと上野駅まで行く。
しかし考えてみたら上野駅の駅弁て上野の駅弁なんだよな。
仕方無いからアトレの食品街でちょっといい弁当を購入。
惣菜・弁当の店が3つ並んでるところで。でも店をまたいで支払えんので(店員のおばはんが要領悪くて不愉快)カレイの煮物の付いた弁当を1つ。
向かいの立ち食い寿司屋で握りの寿司折と鯖寿司を購入。
春日通りのコンビニで飲み物と菓子少々。
結構豪華じゃん。本当はみはしのしるこでも買って行ってやろうと思ったのだが、メールで既に開場してしまったので入って席を確保するのでと。
うーん。
前から4列目はベストなのだ。背もたれに弁当置いて食べられるしさ。
林家正楽さんに全てを掛けるなら最前列なのだがね。にょーぼは切り紙が欲しかった様だけど。


ひとしきり笑って足早に外へ。今日は一日いい天気だった。寄席も良かった。
後は飢えた子どもに晩飯の準備か。
デパ地下行くにも松坂屋へ戻らなきゃいかんし、アトレは激混みだし(特にみまつに大行列が)。
靴下屋でにょーぼに靴下買ってやり(選んでいる間にニーハイをガン見するわし)さっさと電車に乗って浦和へ。
与野駅前の日高屋で冷凍餃子を購入。あとはYAOKOで焼きそば材料。これで鉄板焼き決定。
今日はどんなテレビ見ても笑えんからね。


今日のプログラムをスキャナで取ろうと思ったらドライバがインストールされてなかった。
明日やろう。






9月下席2011年9月24日(土)昼席


歌る美さんは前座として一流なのではないか。
いまいち笑いどころがよくわからんのだが、元気で溌剌としていて将来有望だと思うし。
こみちさんになるとぐぐーっと話に丸味が出て、やっぱオトシはだてに取ってらっしゃらないなあ。
和楽社中って親子三代なんでしょーか。こっちはがっついてるもんだから立ってらっしゃるだけで何だか笑ってしまうのだが。

一朝さんの噺は与太郎のドジ話。おじさんの新築を上手に褒めれば株が上がるだろうと親父が入れ知恵するのだが、実際やってみるとぐだぐだ。
台所の節穴が唯一の不満らしいのでお札を貼れば火の用心になると勧めてまんまと小遣いをせびり、ついでにほめるつもりの牛が粗相をしたら、そのお尻の穴にお札を貼れば屁の用心てオチなのだが、息つく暇のない話なのだ。
いやあ気にいった。
菊之丞さんの噺もやはり江戸噺。設定が江戸なのか現代なのかごっちゃになっているんだけども、権助が旦那さんと奥さんに含められてドジ踏む話。
ありえねードジなんでさあ。2号に聞かせてやりてェ。
遊平・かほりさんの漫才で口直し。夫婦漫才って何でおっさんが弱くてボケなんだろうね。

橘屋文左衛門さんが出てくると、あちこちでプログラムを見直す音が。。。
『私も悪気があってでてきた訳ではないので』ネタでも芸でもないのに大爆笑してしまった。
急遽の代演てのは出演者も気の毒だね。
噺は高尚な落語であって途中少々キツかった。なんせこちとら教養が足りないからさ。
オチの『だから(傘ではなく)提灯借りにきた』でやっと合点がいって悔しい思いをする訳だ。

正楽さんの切り紙。
最後のリクエストは最前列右端のおっさんが「どじょう!」。
何を言い出すかと思えば。。。。野田総理のどじょうか?とか内心思ってさ。しょーもない発想じゃん。
ところがぎっちょん、正楽師匠が切ったのは何と、野田総理の横顔と指先に乗ったどじょう。見事っ!
これってあのおっさんと話が出来てたんだろうか。。練習してたんだろうか。
隣で開演前にお好み焼き食ってたおばちゃんがしきりと向う側のおとーちゃんに「こんな便利な機械があるんですねぇ」とOHPに感心してたけど。
こちとらOHPを10年振り位に見たぜ。

馬石さんの噺。
まあなんにしても風俗や文化などそれなりに教養が無いと楽しめんのだね。もっと勉強せねばさ。
芝居の大好きな丁稚の定吉は、門前の小僧経を読む如く見事な演技。
腹減ってたろうに。
また聞きたいね、この噺。

中入り後。
柳家紫文さん。駄洒落が先に分かっても絶対口に出してはいけない。しかし我慢すると人より先に吹いてしまう。
火付け盗賊改役長谷川平蔵がいつものように両国橋のたもとにさしかかると、こちらからは今日の商いを無事に終えたか○○屋が、向こうからは水商売風の女。すれ違うと見ていると男が前のめりに倒れかかーる。もし○○屋さん、だいじょうかえ。
火付け盗賊改役長谷川平蔵がいつものように両国橋のたもとにさしかかる前ににょーぼはクスクス笑ってしまうのだ。

柳家喜多八さんは町のガキが鋳掛屋とうなぎ屋をからかう噺。
どこで落とされるかわからんから予断を許さない。
体弱いってトボトボと下がっていくのだが、上手に消えるまでまだ何かやるんじゃないのかなと思ってしまう。

圓太郎さん。
昔の床屋は暇人が寄りあって将棋打ったり噂話したりするとこだったそうな。
字の読めない奴が太閤記を読むのに苦戦するって噺なんだけど、刀の寸法を縦横間違うくだりで早くも痙攣起こしそうになってしまった。

紋之助さんは独楽の芸の合間に講釈するのが爆笑。
独楽回しもトウシロにゃ出来ん芸なのだろうが、次に何言うか期待してしまうのだ。
北野武監督映画に脇役で出演してるからDVD買って見ろってwww。

はん治さん
客席から「待ってました!」の声に驚いちゃうなんて演技だよね。
いきなりアイネクライネナハトムジークなんて鳴らしちゃうからこれ落語かいなと思ってしまったが、やっぱ江戸噺なんだね。
まあ、お~風呂で、スキンケア~♪なんて言っちゃうからそっちでバカうけしてたけど。
古典じゃないニューウエーブだね、きっと。
「この親父って人が偉かった」って部分だけが独り歩きしちゃう江戸っ子野郎の浅はかさだけで笑ってしまった。



しかしわしらの前の一列は団体かな。騒がしいし。
前座がやってる時にトイレに立ったりさー。
中入りではチラシ配ってたし。10月の催しかなんか。
老人会っていうには若干早い年代かな。やっぱじじばばか。

  1. 2011/09/24(土) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:2
<<怠惰 | ホーム | まあとにかく>>

コメント

10月に入って、一気に寒くなりそうです。
四季の移り変わりも、穏やかでなく、寒暖や晴雨も極端に変化して行きます。
世の中もいいか悪いか?で、中間がなくなりつつあります。
普段PCの前で仕事をすることが多くなったので、休みの日は出来る限り、外に出て、距離感を変えて、自然と親しむようにしています。
生活に余裕がないと、文芸に寛ぐ気持ちの余裕まで無くしています。

以前、「ゼロの焦点」の映画を見に行った時、会場の空気が異様に感じました。
これは加齢臭かな?しばらくして思いました。
観衆が僕と同じような年代の人ばかりで、上映の最中にトイレに何度も行くし、同類相憐れむというところなんでしょうね。
  1. 2011/10/01(土) 19:45:49 |
  2. URL |
  3. ひろし #k8vHFzX2
  4. [ 編集]

ひろさん

寒いっす。
昼のNHKニュースで旭川の初雪映像見て気を失いそうになりました。
そーだ、お年寄りって子供と同じでカマン出来ないんですねっ。
もう前座が出演してんのにバタバタ入って来るし、中入りでもドタバタしてらっしゃるし。
もっと上品に振る舞えんのかなー。。。。
・・・反面教師にするぞっ。
若ぇもんにそーゆー意味で煙たがられるのはかっこわりーっすからね。
今でさえ会社でうるせえって煙たがられてんのにー
  1. 2011/10/03(月) 19:17:07 |
  2. URL |
  3. 誰やねんっ20号! #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。