休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少し遅いが朗報<追記あり>

やるやないか泉田君~。
俺は新潟県において選挙権は無いのだが、新潟に関わって数十年。
胸の空く思いだよ。
夏のピークカットトライアルにしても、なかなか画期的。
北陸新幹線も頑張ってもらいたいぞ。






<以下、大半転記>


新たな食品中の放射性物質の規制値について本日、国に要望します。
2011年11月02日
新たな食品中の放射性物質の規制値に関する要望を下記の通り実施するので、お知らせします。
○要望日時
平成23年11月2日(水)  15:30~
○提出先
厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課
○提出者
東京事務所長
○その他
取材を希望される場合は、15:25までに厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)1階共用第5会議室にお集まりください。
◇このページに関するお問い合わせは
生活衛生課 食の安全・安心推進係
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5205 ファクシミリ: 025-284-6757
電子メール: ngt040250@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは

http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1320181212837.html



新たな食品中の放射性物質の規制値について国に要望します
2011年11月02日
 現在、東京電力福島第一原子力発電所の事故により放出された大量の放射性物質が広範囲に拡散し、生活圏の汚染や農林水産物の汚染によって、多くの国民が不安にさらされています。
 一方、食品等に定められている現在の暫定規制値は、事故直後の緊急事態など、生きるためにやむを得ず摂取するような際の基準です。
 新潟県は国に対し、国民の健康と安全、そして日本の信用を守っていくために、国際的にも信頼される基準に戻すよう要望してきたところです。
 このような中、10月28日、厚生労働大臣は「新たな規制値設定のための基本的な考え方」を示し、食品から許容できる線量を年間1ミリシーベルトに引き下げることを基本に検討することとしました。
 しかしながら、従来、原子炉等規制法などでは、ICRP(国際放射線防護委員会)の勧告に基づき、外部被ばくと内部被ばく線量を合わせた一般公衆の被ばく限度を年間1ミリシーベルトとしており、従来の規制値と整合性をもった、内部被ばくと外部被ばくの合計を踏まえた規制値とすべきと考えます。
 また、乳幼児からおとなまで一律の基準とすることなく、特に子どもへの影響について十分に考慮したうえで、子どもについては別基準を設定すべきと考えます。
 今後、厚生労働省で新たな規制値の設定について議論していくにあたっては、これらのことに十分配慮し、より安全サイドにたった議論を行うよう要請します。

◇このページに関するお問い合わせは
生活衛生課 食の安全・安心推進係
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5205 ファクシミリ: 025-284-6757
電子メール: ngt040250@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは

http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1320181214798.html


<追記>


朗報!!・・・自治体の追従を期待する
長い道のりだった。福島原発事故の直後から、日本の国力、バスの量、食糧調達力などから言えば、1年1ミリを貫くことができたが、過ぎ去ったことは問うまい。少しでも早く子供の被曝を減らさなければならない。子供の命と健康は国会議員、東大教授、都知事より重い。ここに新潟県の正式要請を示す。
<前記>

素晴らしい!! 法治国家としては当然とも言えるが、異常な脱法思想が蔓延した日本で新潟県が正式なステートメントの形でこれを出したのは高く評価できる。今まで「1年1ミリなどなに言っているのだ」と言っていた自治体の首長、ホームページ作成者、週刊誌、新聞、テレビ報道部などは深く反省し、直ちに正道に戻って貰いたい。
国民が一致団結して1年1ミリに戻ることで、日本の子供は危機を脱する。
(平成23年11月7日)
武田邦彦(中部大学)


  1. 2011/11/04(金) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<たいくつ | ホーム | 文化の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。