休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だから映画

昨年の夏は映画を見に行かなかった。
最後に見に行ったのはアリエッティだからなー。
そゆわけで正月休みには何某かの映画を見に行く事にしておったのだが、昨夜は酔っ払って寝てしまったので調査しなかった。
にょーぼがユナイテッド・シネマ浦和の割引券を入手していたので、映画館は決定。
何見るか。まあ内心決めてたのだがにょーぼが了解するか。
混んでるかも知れんし、道路と駐車場の混雑も予想されるし、コクーンのMovixなら楽なのになあと思いつつ、HPで調査。
やっぱ『聯合艦隊司令長官 山本五十六』だろーと。
HPから予約すると割引券が使えんので、少し早目に出て、昼食食べて映画という豪華なスケジュールにけてい。
洗濯が終わるまで箱根を。やっぱ地元東洋大なのだが、こいつらいったいどーなってんのかぶっちぎりなのだ。

帰りを考えてクルマで出掛ける。
本太の交差点は意外と空いていた。パルコの周辺も意外と空いていた。
しかしパルコの地下駐は激混みであった。早く来て良かった。
チケットを買って、時間合わせに店内を物色し、昼食の店を点検。
昼食は制服が激かわいい鶏鍋の店で穴子丼ランチとなる。
9スクは長岡のウワサとは別に満席ではなかった。

最近の休日の症状として、突然眠くなって目がシバシバしょぼしょぼになる。
快適な映画館の環境はテキメンにその症状が出た。
感動の場面ではしっかりしているのに、そうではない場面で涙がぽろぽろ出るのは止めてもらいたい。

映画が終わって参考資料としてパンフレットを買おうと思ったら売り切れ。
入荷予定も未定なのだそうだ。
長岡のウワサとこの部分は同じであった。
取り敢えずけいおん!!のポップを記念撮影。
グッズはりっちゃんのクリアケースが売り切れだったので何も買わない。

地下の大丸で食品類を物色。
今日を乗り越えれば明日は普通のスーパーで買い物が出来る。
17時帰宅。
夕食は鉄板焼き。ホタテのバター焼きと肉と焼きうどん。
買って来た(意外に安かった)氷頭なますとはたはたの飯寿司は昨日の酢締め三種同様好物なのだね。
更にこれらは2号にも好評であるところがおもしろい。


しかし食後に約束していた花札は酔い潰れて約束を果たせなかった。


眠い連休だ。



僕は山本五十六を若干誤解していた。
無論、この映画が山本五十六や大東亜戦争をめぐる我が国の全てを表現していると考えることは許されん。
映画は娯楽芸術作品だからな。
しかしWikiを覗いてみたら、見事に僕の事情を目次が表現していた。
> 2 山本五十六の評価
> 2.1 肯定的な評価
> 2.2 否定的な評価

まあな。2.2にポイントの多い認識があったということだ。

まあそれにしても役所広司エライ!
出演交渉中に山本五十六の研究をしたらしい。
認識は上記の僕とほとんど違わなかった様子だが、映画として見事に山本五十六像を表現してしまった。
それと、食うシーン。
長門の幹部食堂で水まんじゅうを思い切り搔っ込むシーン。今の長岡人でもこんな奴ぁおらん。
恐らく他の士官が見る目で見られるだろう。
大事な話しながらスイカを食う、干芋を食う(多分土浦産)、干し柿を食う(多分佐渡産)、がつがつ食う。
食い続ける。
南雲忠一と指令官室でお茶漬け食う。
甘味屋でぜんざいを食う。
家族との食事。
子供達に煮魚を取り分けてやると、子供達は皿を両手で受け取って「ありがとうございます」。泣ける。
そして下戸の五十六が司令官室でウイスキーを飲んでいるのを見て参謀が驚く。
役所広司はもとより脚本家も演出家も実際の山本五十六が食っている場面を見たわけではなかろう。
しかし、これらのシーンで山本五十六のイメージが定着してしまう。
何故だろう。他にも山本五十六を表現すべき重要なシーンは数々あったのだがね。
戦闘中に将棋を指しているとか、作戦会議とか、腹心の部下や海軍大臣との会話とか。


余談だが、この映画の主題歌『眦』は「まなじり」と読むのだった。小椋佳久々って気がする。


見に来たのはこれじゃない




  1. 2012/01/02(月) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<3日 | ホーム | 元旦のスカタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。