休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒いし

アレが降るし。
凍るし。

明日は久々に弁当つくろーと、煮菜と塩鮭とマカロニサラダ(購入品)と茹でブロッコリーを準備。
めんどーだから弁当箱のおかず入れに詰めてしまう。これで明日はごはんを詰めるだけー。
・・・・かなんかやってたら、晩飯食うもんが無い事に気付く。
ひでえもんだ。
寒いと家事が億劫だし。




どっちがどうなわけ?
全滅?
そだよね、これ。



事件
発電失敗で早大の賠償確定 8950万円支払い 茨城・つくば市の風車事業
2011.6.10 21:46 [民事訴訟]
 小中学校に設置した小型風力発電機の発電事業失敗をめぐり、茨城県つくば市が委託先の早稲田大などに建設費など約2億9860万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は10日までに、市と早大の双方の上告を退ける決定をした。早大に約8950万円の支払いを命じた二審判決が確定した。9日付。

 一審東京地裁は「早大は期待された発電量が得られないことを説明しなかった」と指摘し、過失を7割と算定して2億円余りの支払いを命令。二審東京高裁は「市は風の状況が悪いため発電量が少ないとの情報を得ていたのに再検討を怠った。責任は市が格段に重い」と判断、早大の過失は3割として減額した。

 一、二審判決によると、市は平成16年、二酸化炭素排出削減などを目的に風力発電事業の計画策定などを早大に委託。小中学校に風車23基を設置したが、発電機自体の消費電力を上回る発電を得られなかった。
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital




事件
つくば市の敗訴確定 風車設置めぐる住民訴訟
2012.1.23 18:05
 茨城県つくば市が計画通りに発電しない風車の設置に公金を支出したのは違法として、市原健一市長ら3人に約3億円の損害賠償を請求するよう同市に求めた住民訴訟で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は市の上告を退ける決定をした。元助役と元担当職員に計約770万円を賠償させるよう命じた2審判決が確定した。決定は19日付。

 1審水戸地裁は「必要のない業者を工事に関与させて市に損害を与えた」として元担当職員だけに約310万円の賠償を請求するよう命令。2審東京高裁は入札審査委員会の委員長だった元助役にも約460万円の賠償責任があるとした。

 2審判決によると、市は平成17年、二酸化炭素排出削減などを目的に小中学校に風車23基を設置したが、発電量は当初計画を大幅に下回った。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

  1. 2012/01/24(火) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<言い訳すんな | ホーム | 態勢を立て直そう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。