休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎゃ!もう水曜だ

月曜から3日連続弁当作成。
弁当作ると結果的に台所がキレイになる。
米も当然炊かなきゃだし。
ただなぁ。。米食い過ぎになるんだよなぁ。1日2合は少々多いぞ。
明日もう一回頑張れば、金曜は歓送迎会だから・・・・って別に昼の弁当作らなくていい理由にならんのだけど。

しかし、洗濯が滞ってる。
更にねむい。


ここってウチのユーザーじゃんね。





朝日新聞デジタルニュース 文化記事 2012年3月26日20時58分

回り舞台、深さビル5階分 歌舞伎座新装へ準備中

 役者や大道具を上下させるセリに乗り、床を張る前の舞台面から落差ビル5階分もの底を怖々見れば、まさに奈落。来春開場する新しい歌舞伎座(東京・銀座)の目玉の一つ、巨大な回り舞台の運転試験が23日、三精輸送機神戸工場(神戸市)で行われた。

運転試験で回転する歌舞伎座の回り舞台=23日午後、神戸市北区、諫山卓弥撮影
運転試験で回転する歌舞伎座の回り舞台=23日午後、神戸市北区、諫山卓弥撮影

 役者の舞台感覚を乱さぬため、直径は18.18メートルと旧劇場と同じだが、駆動部分を含めた深さは4倍近い16.45メートル。容積にして4270立方メートルで、国立劇場(東京)を抜き最大となる。松竹梅の3種だったセリには松を上回る「大迫(ぜ)り」を追加。大きなセットもそのまま奈落に収納でき、よりダイナミックな演出、素早い舞台転換が可能だ。

 「3階席のお客様からも奈落の底は、もう見えません」と松竹。5月には分解して東京に運ばれ、建設中の舞台に開く大穴にすっぽりおさまる予定だ。(西本ゆか)



こりゃすごい。
一体何トンあるんだろ。
軸受はどういう構造なんだろ。
その辺もちっと詳しい記事は書けんのかねぇ。
ま、記者の能力にもよるからな<残念





asahi.com ニュース 社会 その他・話題記事 2011年8月27日19時31分

銀座にぽっかり大穴・・・新・歌舞伎座の回り舞台が入ります

建て替え工事が進む歌舞伎座。回り舞台が入る大きな穴が出現した=26日、東京都中央区銀座4丁目、遠藤真梨撮影
建て替え工事が進む歌舞伎座。
回り舞台が入る大きな穴が出現した=26日、東京都中央区銀座4丁目、遠藤真梨撮影


 東京・銀座のビル群の中にぽっかりと、まあるい穴が開いている。直径、約18メートル。建て替え中の歌舞伎座の回り舞台が入る部分だ。2013年春の開場を目指し、着々と工事が進む。

 歌舞伎座は1889年、洋風の外観に内部が和風の大劇場として創建。1911年には純和風に改築された。24年に完成した桃山様式風の外観は、51年に開場した4代目に引き継がれ、昨春の閉場まで歌舞伎の殿堂、銀座のランドマークとして親しまれてきた。

 新劇場は地上29階、地下4階の高層ビルとの併設で秋には上層階に向けての工事が始まる。120年にわたり歌舞伎座があった場所越しに、街並みを見渡す「非日常」の景観も、あとしばらくだ。(西本ゆか)


  1. 2012/03/28(水) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<暖かいがサムイ | ホーム | MSG>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。