休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほこ×たて

晴れ。
窓を開けて線量計で測定。
雨上がりで清々しい快晴だ。
朝メシ食って、さてと。何したっけ?
子供達が起きるの遅いので放っといて出掛ける。
取り敢えずクルマに乗って、見沼たんぼ。
桜はみーんな終わっちゃってたし、弁当買ってピクニックという淡い希望は潰えたのであった。

浦和美園を通って国道4号に出、右折して南下。目的無し。どっかで旨そうな店見つけたら昼メシ食うべって感覚。
ふと外環草加辺りで思い付いて、1号の学校を見物に行く。
団地で方向音痴になり掛けたが正門前でリカバー。桜がまだあるじゃないか。
環七で右折して、浦和へ戻ることにする。
日暮里舎人ライナー(読めるか?)沿いに北上し、安行当たりをうだうだして国道122号で浦和ICまで戻る。
ちょっとしたドライブであった。
大門のお好み焼き屋で昼食。
いつものスーパーバリューを避けて、イオンモール浦和美園へいく。
大混雑。こんな天気のいい日は外で遊びなさい!と言いたくなるほどであった。
食品類を仕入れてウチへ戻り、早夕食は豚シャブ定食と昨日作っておいた鯛のカブト煮。

テレビを見ながら宮関の原信到着が21時45分。ふう、なんか疲れたな。





それでフジテレビ「ほこ×たて」である。
10日ほど前から煽られまくっていたのでもうタイヘンだった。
自宅で録画予約。いかにやってることがスゴイことなのか家族にも説明。
そして僕は長岡へ帰らねばならんから、その部分がドコを走行しているかに掛っていたのだ。
番組が始まった時、まだ川越を過ぎた辺りだったと思う。
そしてその部分。
「絶対に穴の開かない金属VSどんな金属にも穴を開けられるドリル」

他の企画で「11 VS 55」が進むうちに、このままでは関越トンネルに突入してしまうという危機に遭った為、始まる迄に関越トンネルを抜けるか、またはその手前で停まるかを選択。
結果的に駒寄PA(下)で観戦となった。


対決前。新世紀エヴァンゲリオンの使徒が現れるシーンのBGMが流れる。
爆笑で危うくハンドル操作を誤まるところだった。
だからPAに停車する事を決定。
ちなみにNWSΩが使徒でクロスエンドエボリューションがEVA。55歳が使徒で11歳がEVAだと思うぞ。


僕の予想。曖昧だが・・・。
基本、ドリルの勝ち。これまでの流れで。番組的にもその方が盛り上がると思える(のは、俺が機械屋でワークが敵っぽいから)。
1.ルール的にドリルの開発の方がが具体的に進められると思える。
2.互いに相手のポテンシャルを測れないからどっちかっちゅうと焼結金属の設計の方が面倒。
3.万一ドリルが食い付かなかったら(途中まで進んだとしても)切屑が目詰まりし、ワークは今回割れずにマシニングセンタがアラーム停止。
スピンドルアラームになるか、Z軸の位置偏差アラームになるかは考察が足りなかった。



勝負の結果は何とドリルの負け。
詳細は製造現場.comがいっちゃんイイ。冷静で見識が正確で微ミーハー♪しかもびじん。

ゲストの青学助教はダイヤモンド砥粒の硬度や耐熱から日タンの勝ちを予測した。
ドリルの勝ちを確信していた僕はこの予測が外れていることを見抜いた。ルックスも好みのタイプじゃないし。
プレス連中は押し並べてOSGの勝ち予想。唯一日タンの勝ちを予想した美人ジャーナリストの予測理由の方がはるかに勝負を見据えていたと言える。
取材後の飲み会でオゴらされなくて良かった。
この人、ウチのにょーぼと氏名が実によく似ているのだ。
今週は大阪のインターモールドの取材で多忙だろう。



映画ブラックレインのテーマがコーナーの最後に流れて、演出のギャグもほどほどにしてもらいたかったが、感動的な勝負であった。


その他の記事で気の利いたの:http://b.hatena.ne.jp/articles/201204/8450
  1. 2012/04/15(日) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:2
<<ひでえ | ホーム | 全員集合>>

コメント

僕もこの番組を見ています。

企画が面白いですね。
工場の技術者の意気込みがいいですね。

それにていも、世の中には矛盾をしたものも多いですね。
関係はないですが、尖閣諸島の領土問題、双方に譲れない事情があるようですが、歴史は一つですから、結論が出るのでしょうか?
  1. 2012/04/18(水) 20:04:34 |
  2. URL |
  3. ひろし #k8vHFzX2
  4. [ 編集]

ひろさん

現実にはこういう勝負は有り得ません。
材料メーカーはただドリルで削られないという仕様だけでは設計しないし、工具メーカーは材料の素性が分からないのに固いものに穴を開けるドリルを製造しないからです。
しかしながらそこはテレビです。
それに敢えて挑戦したところにエンタテーメント性があるわけですね。
面白いです。まじめにやらないとこうはなりません。
そして番組内のド素人出演者がああも興奮してくれることで、一般視聴者も引き込まれます。
技術者の中では内容について議論がわき上がっています。
爆笑です。だって仕事に似ててそれでいて微妙なところが「テレビだから」で結論付けられなかったりするし。
  1. 2012/04/20(金) 12:32:15 |
  2. URL |
  3. 誰やねんっ20号! #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。