休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何でもあるけど欲しいものは何一つない

『原子力防災―原子力リスクすべてと正しく向き合うために』
創英社/三省堂書店 (2007/02)

2号は半日授業の為、いつも通りに登校。
にょーぼは寝坊したかった様だが根性で朝食を準備する。
わかったわかった、明日はわしが作ってやろう。

取り敢えず買い物も昼メシもあるからにょーぼと新都心の紀伊国屋へ出掛ける。
にょーぼはイオンのPB洗濯洗剤が欲しいと言うんでこの場合は与野イオンなのだが、こっちの本屋はイマイチなのだ。
しかし警戒した通り、目標の本は全国の紀伊国屋に在庫されていなかった。
来店5分で結論が出る。
ライフで食品類を若干仕入れ、とっととイトーヨーカドーの駐車場から出る。
全く、立ち読みにしか役にたたん本屋だ。
与野イオンのカルディでマンデリンの豆他を買い、上へ上がって本屋へ行ったが該当する棚さえないコトが分かったので30秒で出る。
紀伊國屋の検索システムに引っ掛からない本がここにある訳がない。

「台風や雪崩と違って、原子力災害は100倍くらい正確に予測通りに動く」という様なことが書いてある。
今日現在の状況は3.11の午後19時頃には完全に予測されていたということだ。
そして被害を最小限に抑えられなかった責任は発電所以外の、特定の人物と組織にある。
普段から『老朽化し、かつシビアアクシデント対策が十分でない原子炉に何かあったら廃炉にしよう』と考えておかなければならない
そしてこの本は2007年に発刊されているのだ。

お昼ごはんは入念な検討に依りBANDIのカレーランチ。
ナンや豆のせんべいの様なものは全てここで焼いているので、シャープなインドカレーに合う事甚だしい。
今日は2度目である。
くしくも前回と同じメニューを注文したことに食べ始めて気づいた。
満足して下に降りると、小金沢昇司歌謡ショーをやっていた。
無料に乗じてかぶりつきの年配者の隙間からしばし観賞。
イオンで食品類と洗剤、自転車パンク修理材料を買って帰る。

夕食はあさり小松菜あんかけのヤキソバ。
イカはネギ塩炒め。
イカが安かったのだ。
バイトの1号以外の3人でも食いきれないのでイカを開いて串に刺し、塩水に30分ばかり漬けてベランダに干しておいた。
生干しになればバター炒め。パリパリになったら裂きイカにするのだ。
これが上手くいくなら今後考えねばならんだろう。
尚、このイカの隣に売っていた立派なスルメイカは常磐沖を強調していた(だから基準値以下の自信があるのか?)からあまり売れていなかった。
これは茨城産のホウレンソウ・水菜・小松菜等の青菜、栃木県産のブロッコリーなどでも同じ傾向にあるとみている。
風評被害という本質を考え直した方が良いのではないか。

夕食に飲んだコノスルが突然効いて、22時頃寝潰れる。
1号が遅く帰って来て夕食の焼肉定食を食べる為にバタバタしていたのが、にょーぼの文句言う声で分かった。
自分の為にバイトしてんだからメシぐらい用意されたものを自分で食えよ。。。


  1. 2012/06/02(土) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<やっぱり本ってのは | ホーム | 疲労>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。