休日は元気

いつも一緒♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散歩

1号は昨日に引き続きさいたまスーパーアリーナでアニサマ2012のバイト。
イベントを選べないのが辛いとこだよな。
スーパーアリーナで格闘技とかなら代わってくれ。
エリック・クラプトンのライブだったら代わってやんねーとかぬかしやがった。

2号は昨日遊んじゃったので(どーせ今日もだらだら過ごして終わるのだろうが)宿題の日にするらしい。
そゆわけで急遽出掛けることに決定。
結果的に勘違いだったのだが、加須の利根川土手にコスモスが咲いてないかな、羽生水上公園辺りはどうかな。ちょっと行ってみよう・・って感じだったのだ。
この炎天下。。。

東北道は意外に混んでいた。加須で降りる。
このまま真っ直ぐ125号線を行けば、以前行った埼玉(サキタマ)古墳に行けるのだが、距離感の無いにょーぼに却下される。
昼食はゼリーフライだけじゃいかんしな。
そして営業で走りまくった勘というか微かな記憶ってかよく覚えてるんだけども、羽生水郷公園。
子供が小さい頃に来たし、某工場のアポ時刻合わせに何度か来た。
夏休み最後の日曜は大抵どこでも空いているが、小さな子供連れがたくさん来ていた。
水族館は地味なので今日はパス。勉強の気分の時なら入っただろーけど。
向かいのキヤッセ羽生を点検する。地ビールと農産物販売だね。
レストランはおしゃれだが、メニューはうどんなのだ。そして地ビール。
店員さんは近所の農家のおばちゃんがパート勤め丸出しの風情なのだね。しゃーねーが。

昼なんで取り敢えずうどんを食べることにした。
にょーぼがモロヘイヤうどん。わしが冷汁うどん。
どっちもダシがもちっと濃いと絶賛出来たのだが、にょーぼのもわしのも若干薄かった。残念。
こっからはぼちぼち高速使わずに帰ろうと、122号線を目指す。
こういうときはやはり慣れというか習性が出てしまうね。
菖蒲町でうっかり大宮栗橋線に入ってしまった。これでは16号線、第二産業道路コースではないか。
と内心思っていたところでにょーぼがしまむら発見。対向車線なのに行きたいと。
まあ行くけど。
けいおん!の男物靴下を物色していたら、欲しいものが無かったから帰ろうと。はいはい。
仕事場で穿くズボンを探しているのだそうな。
第二産業道路でいつものガソリンスタンド。店員さんは危険な環境で仕事をしている。
給油中にねぎらいの言葉だけ。だいじょーぶか?こいつら。。この暑さの中、直射日光浴びて仕事してっけど。

買い物は浦和駒場のドンキホーテ。
何だか埼玉県央から北側を局部的に一周してきた感じだね。
夕食はサンマとトン汁に決定。決定するまでににょーぼが検討した時間は約40分だった。
4階の駐車場まで地下1階から階段で上がったら膝が笑ってしまった。





不本意ながら日テレ24時間テレビを見ながら早夕食を食べ、やっぱり18時ジャストに出発。
北斗晶もがんばっとる。
しかし不本意ながら感動したことが1つ。
嵐の松潤が石巻で震災被災した女子ばかりの吹奏楽部の演奏を指揮することになった。
松潤のトレーニングに佐渡裕先生様が対応するって演出なのだ。
そしてその映像に感動した。
先生に感動したのだが、この演奏も渋かった。
銀河鉄道999がオープニング。やられた。これは俺らも高校の頃にやったぞ。
そして出てくる出てくる次々と。シング・シング・シングや上を向いて歩こうなんて反則だろ。

『佐渡先生、石巻好文館高等学校吹奏楽部の女の子達には会ってないんだよな、武道館まで。
松潤、グッジョブだったと思うね。
俺なんか結構頑張ってたはずなんだよ、あの頃。
指揮で思った音をみんなが演ってくれるなんて簡単じゃない。
いい音出そう、こういう演奏にしようなんて、想い以上にテクニックと対話といろんな手続きを重ねないと決して達成出来ない。
俺らはそれを何とかしようと不信に陥ったり喧嘩したり泣いたり怒ったりしながらテクニックを補っていたし。
でも、彼女達の希望や夢や、なんか強い意志みたいなもんに押されて松潤はやっちまった。
佐渡先生の>TVに映っている 部分だけでなんか分かっちまった。
俺ら、もっと以前に分かるべきだった。
今になって24時間テレビなんかくっだんねーやらせ番組で、やっと知らされた。
無為な時間をどうやって取り返せばいいんだろう。
みんなとどうやってやり直せばいいんだろう。そんな極めて切ない一時だったさ、このやろう!』
(早藤昌浩氏のFB記事に書きこんだ内容)


そして関越トンネル前。
西城秀樹がヤングマンを歌った。
インタビューの受け応えでは舌がロレってしまう。
そして足がふらつく。
脳梗塞の発作を2回もやったから後遺症は仕方が無い。
そして武道館のステージでは中央にほぼ棒立ちだった。
しかしY・M・C・Aのアクションも出来たし、歌は依然と変わらぬ迫力。
ちょっとこっちも感動だぜ。

どうせヤラセみたいな番組企画なのにな。
やってる本人たちはいたってマジなのがいいのだろう。

そして北斗晶は時間内にゴールした。
しかしな。お前、デンジャラスクイーンで鬼嫁だろ。
そんなに泣くなって。

  1. 2012/08/26(日) 23:59:59|
  2. ただの日記
  3. | コメント:0
<<おたんじょうび | ホーム | あづー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。